通信制高校を卒業するために必要な要件とは?

通信制高校を卒業するためには、一定の必要な要件を満たさなければなりません。ここでは、通信制高校の卒業要件を詳しくご紹介していきます。

通信制高校を卒業するために必要な要件は3つ

通信制高校を卒業するために必要となる卒業要件は、主に以下の3つが挙げられます。それぞれ、どのようなものかを見ていきましょう。

3年間以上(36ヶ月以上)在籍する
高校の卒業資格を得るためには、学校教育法にて、「3年間以上(36ヶ月以上)の在籍が必要である」と定められています。
そのため、早く卒業するために単位を最初の1?2年の間で集中して取り切ってしまおうとしても、3年間以上在籍しなければそもそも卒業は認められません。
また、編入・転入によって通信制高校に入った生徒の場合には、以前在籍していた高校での在籍期間を繰り越して、通信制高校での在籍期間に累積することができます。
このような特長があるため、通信制高校では基本的に留年という概念がありません。
必履修科目を含む74単位以上を取得する
通信制高校では、卒業するにあたって必履修科目を含む74単位以上を取得する必要があります。
R(レポート)S(スクーリング)T(テスト)の3つの要件を満たすことで単位が認定されます。
  • レポート
    通信制高校から提供されるテキスト・授業動画などの教材を元に、勉強を進めながらレポートを解き進め、提出し、添削を受けます。通信制高校では、レポートが全日制高校の日頃の学習と同等の役割を果たします。
  • スクーリング
    通信制高校の登校日に学校へ足を運び、先生からの直接指導、体験指導、質問に対する回答などをもらい、自学自習やレポートの理解度を深めます。なお、スクーリングの頻度は通信制高校によって違い、年数回から、月に数回、あるいは3?4日の合宿を実施するケースもあります。
  • テスト
    単位を認定してもらうための試験です。こちらの試験に合格すれば、晴れて単位を取得することが可能となります。通信制高校の単位認定試験の頻度は、年に2回程度が一般的な回数です。
30単位時間以上の特別活動を行う
通信制高校では、卒業にあたって、30単位時間以上の特別活動による単位取得も必要となります。
特別活動とは、いわゆる授業以外の学校行事のことを意味しており、入学式、ホームルーム、体育祭や文化祭などの各種学校祭、清掃活動、映画鑑賞、修学旅行など、他者との協調的な取り組みを行う体験学習のことです。
これらの特別活動は、前述のスクーリングに合わせて実施される通信制高校がほとんどです。

通信制高校では、卒業要件を確認して自分に合った学校選びを

通信制高校は、単位制を採用しているケースが多く、自分のペースに合った学習をすることが可能です。自分の将来の目的に合った学校選びをすることで、全日制・定時制では実現できない、より有意義な学校生活を送ることができるでしょう。

なお、第一学院高等学校は、全国に48箇所のキャンパスを用意しており(2019年4月時点)、全国各地からの入学・編入・転入のご希望を受け付けております。

芸能活動やアスリート活動などの夢を追いかけながら学習したい方や、いじめによる不登校・病気・障害などの様々な事情を抱えた方、働きながら高校卒業資格の獲得を考えている社会人や高齢者に至るまで、多くの生徒を受け入れる体制を整えておりますので、通信制高校に興味のある方は、この機会にぜひともご相談ください。

通信制高校について詳しく知りたい方はこちら