通信制高校はこのような生徒に向いています

何といっても全日制や定時制にはない「自由度」の高さが、通信制高校の特長の一つです。通信型は自宅学習が中心、通学型では自宅の近くにある校舎やキャンパス等にて受講でき、特色ある授業や体験学習、学力も時期も制約が少ない入学条件など、自分のやりたいことに集中したい人に適した環境があります。だからこそ、さまざまな状況やライフスタイルの持ち主、また、将来に明確な夢を持つ皆さんを通信制高校は待っています。

通信制高校に向いているタイプ

不登校や長期欠席が多いタイプ
体力的、精神的な理由によって、一般の生徒と同じペースで学校に通うことができない人でも、通信制高校ならできる範囲での通学スタイルが可能。マイペースで学校に慣れていき、卒業を目指すことができます。また、スクーリングも合宿形式による短期集中型などさまざまなスタイルがあり、自分の性格やライフスタイルに合わせて学習することができます。
経済的に高校進学が厳しいタイプ
最新の通信制高校では、インターネット通信を利用したライブ授業やタブレット端末などを使っての添削レポート提出など、自由な時間をさらに伸ばす新しい授業スタイルが始まっています。忙しいフルタイムの仕事を持つ人でも、無理なく卒業まで学習することが可能です。
進学の勉強に集中したいタイプ
どちらかと言えば勉強が苦手な生徒が多い、そんなイメージで見られがちな通信制高校ですが、中には難関である国公立大や有名私大の受験勉強に重きを置きながら、高校卒業資格の取得をめざして通信制高校を選ぶ人がいます。まだまだ全日制ほどではありませんが、通信制高校卒業生の大学進学率は年々高くなっています。
特別な夢に挑戦したいタイプ
スポーツや芸能、タレントといった仕事を目指す人にとって、10代の高校時代から本気の挑戦が始まります。チームでの合宿練習や遠征、コンサートやステージは、学校の時間を待ってくれません。やりたいことに打ち込める環境がある通信制高校が、その夢を応援します。
一度諦めた高校卒業に再挑戦したいタイプ
全日制高校のような筆記を中心とした入学制度ばかりではなく、また入学時期も4月だけとは限らない場合もあり、高校中退した方や仕事を引退した高齢の方など、幅広い年齢や様々な状況の人たちが通信制高校に集まります。自分と同じ立場や境遇の仲間と出会えることも、通信制高校ならではのメリットの一つです。

通信制高校について詳しく知りたい方はこちら