Mobile HighSchool
(通信コース)

ネット上で、好きなときに好きな場所で学ぶ

Mobile HighSchool(通信コース)はネットを使って学ぶ通信スタイルなので、一人ひとりのライフスタイルに合わせた学び方で高校卒業を目指すことができます。
自分の夢に向かって活動しながら学んでいる方、海外から学んでいる方、仕事をしながら学んでいる方など、様々な状況の幅広い年齢の方が、自分のペースで学んでいます。

こんな方におすすめ!

  • 芸能やスポーツなどの活動と高校卒業に向けた学習を両立したい
  • 集団での学習がニガテ
  • 仕事をしながら学びたい

コースの特長

  1. POINT01

    通学は年数回。自分の時間を有効活用!

    毎日の通学時間がかからないため、やりたいことや自分の夢に向かって、自分の時間を有効に使えます。

  2. POINT02

    日本全国どこからでも、海外からでも入学が可能。

    インターネットがつながる場所ならどこでも学習をすることができるため、日本全国どこからでも、海外からでも入学が可能です。

  3. POINT03

    いつでもどこでも学習できるマルチデバイス。

    学習管理システム「SchoolCity」はタブレット端末をはじめスマートフォンやパソコンでも学習できるマルチデバイス対応。学びたいときにすぐ学習できる。 つまり、やる気があるときに学べるから、内容がしっかり身につきます。

  4. POINT04

    単位取得のための授業やレポート提出も、すべてネットで完結。

    学習のメインは、映像授業の視聴とレポート学習。レポートの作成・提出までネット上で完結するため、スキマ時間に学習を進めることができ、レポート郵送の手間もありません。

  5. POINT05

    通信でも担任制。

    一人ひとりに担任がつきます。毎日の学習のことはもちろん、進路のことや普段の生活の悩みも、親身にサポートしています。

オンラインでつながる、多彩なコミュニケーション

Mobile HighSchoolには、オンラインの良さを生かした、全国の仲間やフェロー(先生)とのつながりを持てる工夫がたくさんあります。例えば、オンラインホームルームやランチ会、オンライン職員室も開いています。ぜひ気軽に参加してみてください。

学びをサポートするICTツール

オンラインでのやり取りには「Slack」(チャットツール)や、「zoom」(オンラインミーティングツール)などを使用する場合もあります。多くの企業でも導入されるICTツールを便利に使って親しむことで、ICTリテラシーも向上します。

  • ※SlackはSlack社が運営するツールです。
  • ※ZoomはZoomビデオコミュニケーションズ社が運営するツールです。

スクーリングについて

スクーリングは、単位認定には欠かせない授業です。年1回、高萩本校もしくは養父本校で、教科の授業はもちろん、様々な特別活動(体験学習)を行います。

  • ※在籍する本校でのスクーリングに参加します。
  • ※入学時期・履修単位数によって、日程および日数が異なります。

Mobile HighSchoolのスクーリングは、ひとりで参加しても不安にならないような体制が整っています。

  • 選択できる集合場所
  • 不安をすぐに相談できる引率の先生たち
  • スクーリング前の事前ガイダンスで不安を解消

高萩本校 (茨城県高萩市)

茨城県高萩市は、海や山に囲まれ恵まれた自然にあふれた場所。
同時に古くは室町時代からの文化・歴史を誇り、優れた学習環境を備えています。

養父本校 (兵庫県養父市)

兵庫県養父市は、但馬地域の中央に位置する風光明媚な場所。
兵庫県下最高峰の氷ノ山をはじめとする豊かな自然と、貴重な歴史遺産、伝統文化を誇る地です。

TOPICS 2022年4月、
Mobile HighSchoolが進化します!

第一学院高等学校の「Mobile HighSchool」は2022年4月より新しい取り組みが加わり、より充実した内容に進化します。ここではその内容を少しだけご紹介します。
※学費など詳細はお問い合わせください。

選択自由の時間割!
一人ひとりに合った1日をしっかりサポート
ライブ配信授業やイベントを自由に選べる時間割を用意。規則正しい生活や学習習慣の定着が目指せます。もちろん状況にあわせて変更も自由。自分に合った1日が、もっと作りやすくなります。
オンライン学習室を開設!
学校や図書館にある「リアル自習室」の雰囲気で学べるオンライン学習室をOPEN!仲間やフェロー(先生)の存在を感じることで学習がはかどります。
オンライン三者面談を実施
担任とのオンライン三者面談では、在学中の学びについてだけでなく、進学・就職についてまで一人ひとりのニーズに合った情報を提供します。

VOICE 生徒の声

VOICE 01

小林 彩音さん

夢と勉強を両立できた。今は夢へと全力です。

私は夢を追いかけるためにこの第一学院高等学校に入りました。Mobile HighSchoolでは夢と勉強の両立ができるし、普通の学校なら制限されることもMobile HighSchool では制限がないので、全力で夢を追いかけることができるから、充実した毎日を送れています。中学校の時に不登校だった私でも一歩ずつ勉強が進められて、一年に一回のスクーリングにも参加できて、本当に第一学院高等学校に入ってよかったなと思います。

VOICE 02

新谷 賢樹さん

自分なりの時間を作って勉強ができる!

「仕事しながら勉強なんて、自分には絶対に無理だなぁ~」と思っていた私は、高卒の資格を取ることを諦めていました。ですが、仕事でどうしても高卒の資格が必要になってしまいました。そんな時、同僚から通信制の高校について聞き、「それだ!」と思い、いろいろと調べて自分に合っていると思った第一学院高校に入学しました。決めた理由は、年に一回だけ登校することと自分のペースで勉強ができることでした。この2つのお陰で、ここまで苦手だと思っていた仕事と勉強の両立をすることができました。凄く嬉しくて、そして凄く助かりました。卒業した後も勉強することはあるだろうけど、この経験を自信に頑張っていきたいです。

VOICE 03

髙橋 伶奈さん

体調を気遣ってくれた先生方に感謝

私は高校1年生のときに体調を崩してしまい、欠席や保健室登校などでなかなか授業に出られず、全日制の高校に通うことが難しい状態でした。そんなとき、担任の先生に勧められたのがこの第一学院でした。MobileHighSchoolなら、体調がよい日にレポートを進められるし、自分の都合に合わせて学習ができるので私にはピッタリのコースでした。ただ、第一学院に通っている間も体調は完治しておらず、スクーリングがとても不安でした。ですが、体調の悪い私を先生方はとても気遣ってくださりました。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。入学してからの2年間、本当にありがとうございました。

VOICE 04

ドレイトン アレクシスさん

第一学院は自分を見つめ直せる場所でした

高校1年生の時は全日制高校に通っていました。その高校では、人と違うという理由でからかわれたり、つらい目に遭い、悩んだ末に退学しました。でも、その後、やはり高校は卒業したいと思い直し、第一学院高校に出会いました。第一学院にはいろいろな人がいて、自分を見つめ直せる場所でした。先生たちも人柄がよく打ち解けることができました。通信制高校は全日制高校と比べてもいろいろな意味で良いところが沢山あると思っています。

VOICE 05

矢口 大祐さん

先生に気軽に質問できるのがいい

私は芸術系の高校に通っていましたが辞めてしまい、第一学院に転校しました。全日制の学校を辞めた理由は、通学するのが嫌になってしまったからなので、学校に通うのは一年に一度のスクーリングだけという第一学院に魅力を感じました。学習にはタブレットを使っていますが、この学習方法は紙をなくしてしまうことはないし、どこまで学習したかが一目でわかるのでとてもよかったです。また、気軽に先生に質問できるので直接聞きづらいことや本当に些細なことも答えていただけ、先生と良好な関係を築けています。今の夢は専門学校への進学。通信制という学び方で目標を見つけることができたのがよかったです。