グループ校・提携校への進学について

第一学院高等学校で通信制高校課程を卒業した生徒には、提携する国内外の大学・短大、専門学校、第一学院グループ内の進学先でさらに高度な学びに挑戦することができます。

第一学院高等学校 専攻科は専門学校と同様の教育課程で、高校卒業後の進学先として、専門的な知識とスキルを身につけることのできる学校です。2年コースを修了すると短大・専門学校卒業と同等の学歴取得が可能です。また、最寄りの校舎に通学し、進学、就職等の希望進路実現に向けた学習が進められる第一学院キャリアデザインコースもあります。

さらに、第一学院高等学校では、積極的に海外の大学との学術提携を推進。ウエスタンイリノイ大学、テネシー大学マーチン校、トロイ大学、ナイアガラカレッジの4つの州立大学と、私立のフィンドレー大学の計5つの大学に、入学を前提とした語学留学の扉を通信制高校生に広げています。「将来海外で働きたい」「世界に通用する語学力を生かした仕事がしたい」という強い意志さえあれば、誰にでも留学するチャンスが与えられます。

全国規模で通信制高校生を指導するスケールメリットをフルに生かして、北海道から九州まで48ヶ所(2019年4月時点)に展開する第一学院高等学校の各キャンパスでは、地域ごとにネットワークを広げ、様々な専門学校と連携。通信制高校で学んだ知識とモチベーションが生かせる専門教育機関への進学をサポートしています。また、どんな専門の技術や知識を学ぶべきかについて考え、より大きな夢や可能性を広げるための学校も提携先に加えており、通信制高校卒業時点での生徒自身の希望や学力状況に合わせた進路先のアドバイスを行っています。

通信制高校について詳しく知りたい方はこちら