地域で学ぶ コミュニティ共育

地域全体が「学校」! たくさんの大人から学ぼう。
自分の未来にワクワクする!

どうしてそこに進学するの?何のために働くの?
第一学院では地域全体を「学校」と捉えて、学校の先生だけではなく、たくさんの大人から社会について学ぶ機会を作っています。高校生活を通じて「未来のジブン」を一緒に見つけていきましょう!

ボランティア活動

「ありがとう!」を体感

地域のボランティア活動やイベント活動に参加し、自分自身がたくさんの方に支えられていることを実感していきます。

  • 科学キッズフェスティバル

  • 市民まつり

  • 環境ボランティア

第一学院のボランティア活動が
各地域で表彰されています!

  • 岡山キャンパス

    清掃ボランティア活動が岡山市くらしやすい福祉のまちづくりの優秀な取組みとして表彰

  • 立川キャンパス

    ゴミ拾いのボランティア活動で道路功労者建設局長賞を受賞

  • 新潟キャンパス

    清掃ボランティア活動で北陸地方整備局長賞を受賞

ジョブシャドウィング(職場観察・仕事観察)

「働くってどういうこと?」を知る

働いている大人の姿を観察したり、実際に仕事を体験したりすることで、仕事の大変さや楽しさを知っていきます。

  • キャビンアテンダント業務見学

  • 印刷会社見学

  • 美容師体験

夢授業(しごと講話)

先生だけじゃない。地域の方から学ぶ

地域の大人から様々なお話を聞き、「何を目的に」仕事をしているのかを学びます。

  • 能楽師の方のお話

  • 美術館の方のお話

  • 銀行の方のお話

地域宣伝隊

自分たちの街の魅力を伝えよう

キャンパス周辺地域のPR活動を通じて、自分たちも地域の一員であることを学び、地域の活性化に貢献していきます。

  • PR活動

  • 地域の調査

  • プレゼンテーション

voice

コミュニティ共育に取り組んだ生徒の声

voice 01

五十川 翔平さん

新聞社の方による夢授業

現場を伝えるということの難しさが、すごく伝わってきました。目の前でどんなことが起こっていても、それを伝えるんだという記者の方のお話を聞いて、心に響きました。「仕事」は自分のためではなく「誰かのために」するものなんだと感じました。

voice 02

松田 健太郎さん

保育園でジョブシャドウイング

保育園にも国の政策が関わってくるなど、子どもが好きなだけでは務まらない職業だと感じました。最短で保育士を目指そうと思っていましたが、大学に進学して視野をひろげ、コミュニケーション能力を伸ばし、夢の保育士に近づきたいです。