自分を変えてくれるきっかけと、楽しい仲間に出会える場所

PROFILE

浜松キャンパス 在学中

詳細を見る

中学生の頃はフリースクールに通っていた匂坂さん。いちばん自分に合っていると感じて進学した第一学院で、先生や友だちに囲まれ、様々なチャレンジをしています。

中学生の頃は、友だちづくりや部活に疲れてしまって、フリースクールに通っていました。「この先どうなるのかな?」と将来に対する不安を感じていたところ、先輩を通して「通信制高校」というものがあることを知りました。
そこで、早速何校かのパンフレットを見て、オープンスクールに行ってみたんです。その中で第一学院は先生が親しみやすくて、私が大好きな分野のクラブ活動もあったので、一番自分に合っていそうな気がしました。校風も自由で、「ここなら通えるかもしれない」と希望を感じて入学を決めました。

かけがえのない友だちや先生との出会いが、自分を変えてくれる

心配だった友だちづくりは、入学前の「ステップアッププログラム」※のときから気の合う友だちができて、すんなり解決しました。クラブ活動の先輩とも話が弾み、新入生の歓迎会でもたくさんの先輩や友だちと仲良くなりました。
第一学院で出会った友だちは、私と似たような境遇であることが多いせいか、すごく分かり合うことができるんです。本当にかけがえのない存在です。
先生たちとは堅苦しい関係ではなく、友だちのように親しみやすくて、なんでも話すことができます。特に担任の先生は、「前の自分とは違う自分にしてくれた」恩人です。私のことをとてもよくわかってくれていて、いろいろなことにチャレンジさせてくれます。

※登校練習や基礎学力の定着を目指す任意参加のプログラム

資格取得にもチャレンジ! マイペースで学習できる環境がうれしい

最近取り組んでいるのは、検定試験の勉強です。
ついこの間、菓子検定と料理検定の3級に合格することができました。次は漢字検定を受けるつもりです。いろいろ挑戦してがんばるのは楽しいですが、ついがんばりすぎると疲れてしまうので、少しお休みしたりもします。体調と相談しながらマイペースで通えるのもいいところだと思います。
第一学院は、繰り返し学べる映像授業やタブレットを使って、自分のペースで学習できるのがいいですね。それに、楽しいライブ配信授業があります。全国のキャンパスとネットでつながっているので、いろんなキャンパスの子たちの意見を聞けるのが新鮮です。

勉強もクラブ活動も、今、精一杯やることがきっと将来につながる

高校卒業後は大学に進学したいと思っています。将来の具体的な目標はまだありませんが、第一学院で学ぶことで、いろんな可能性が広がると思っています。まだ1年生なのでどんな分野が自分に向いているのか分からないけど、毎日充実して過ごすことが、将来につながるんじゃないかなって思います。
例えばクラブ活動もそうです。先生に勧められてフットサルクラブに入りましたが、第一学院の全国大会である「WITHUS DAIICHI CUP」の決勝大会に出場できることが決まりました。私が通っているキャンパスからは、男子・女子両方のチームが出場できるので、ワクワクしています。こんな今しかできない経験を大切にしたいと思います。

将来社会に出たら、仕事と家庭を両立させる女性に憧れています。大人になっても悩みがなくなることはないと思うので、悩みがあっても強く生きていける人になりたいですね。

みなさんへのメッセージ

私にとって第一学院は、自分を変えてくれる場所です。きっとこの先も変えてくれると思います。何か悩んでいることがあったら、まずは話せる範囲でいいので、第一学院の先生に話してみてください。先生と話をしていると、きっと考え方が変わると思います。今悩んでいることがあっても、それは意味があることで、いい経験だったと思える日がきっと来ます。今つらい経験をしていたとしても、その経験があるから相手の気持ちが分かるようになるんじゃないかなと思います。第一学院には同じような悩みを抱える仲間がいます。自由な学校だから一緒に成長できると思いますよ。

インタビュー日時:2018年7月