「積極的」「人と話すのが好き」 第一学院のおかげで、そんな自分に変わることができました

PROFILE

仙台キャンパス 在学中

詳細を見る

「学校に来るのがほんとうに楽しいです!」と、笑顔が印象的な高橋さん。ボランティアや検定受験、課外活動でのインタビュー……高校生活を通して、たくさんの挑戦をしていきたいそうです。

入学式当日は本当に緊張していて、同じ中学校出身の子もいたんですが、その子とすら話せないほどでした。だから先輩たちが積極的に話しかけてくれたのは嬉しかったですね。中学では人間関係の悩みがあって不登校だったこともあり、先生や先輩と比べると同級生と馴染むのには少し時間がかかりました。でも、自分で思っていたよりずっと早く友達ができたんですよ。
僕を含め新1年生は緊張しているので、誰かが行動しないとみんな話すのが難しい。だったら「自分からいこう!」と積極的に話しかけるようにして。新入生レクリエーションなどの場で、住んでいる町の話や中学の頃の話をきっかけに仲良くなっていきましたね。第一学院のおかげで積極的になれたし、人と話すのが好きになりました。先生や先輩、友達などたくさんの人と話せるのが今は本当に楽しいです。

優しい先生、先輩たちがいてくれるから楽しく通える

先輩たちはすごくノリが良いんですよね。夏休み前の終業式の日も、突然「これから焼き肉を食べに行かないか」と誘われて。総勢15~16人くらいの大所帯で焼き肉屋さんに行ったんです。先輩たちは優しいし変に気を遣わなくてもいいから、一緒にいると楽しいです。先生方にも良くしてもらっています。
第一学院に入学を決めた理由は、職員室のオープンな感じに安心感があったから。玄関から入るとすぐ職員室なんですが、廊下との仕切りが一切なく、先生たちと顔を合わせたり話したりしやすいんです。先生は僕にとって、憧れの存在です。いろいろな教科の勉強を教えてくれたり、悩みに対して的確なアドバイスをくれたり、頼りになって、知識の幅が広いなと感じます。学校には週に5日、毎日通っています。最初は「通うのがキツかったら週2日に減らそう」と考えていましたが、ずっと週5のまま。来るのが本当に楽しいんですよね。

ボランティアや課外活動に積極的に参加。もっと人との関わりを増やしていきたい

ボランティアに興味があって、この間は「とっておきの音楽祭※」に参加しました。ボランティアでは友達みんなで一緒に同じことをするので、絆が深まったなと感じました。他校の生徒も参加していて、そこでまた新しい交流ができたのも楽しかったですね。今後もボランティアには、積極的に参加していきたいです。
学校では、みんなで定期的に町内清掃をしています。要は学校の周りのゴミ拾いですね。実はこれを始めてから、道端のゴミが気になるようになって。登校途中につい拾うようになっちゃいました(笑)。
課外学習の取り組みでは、学外の人にインタビューするチームに入っています。どんな方にインタビューするかなどはこれから決めますが、年上の人がいいな。自分が知らないことを、たくさん教えてもらいたいです。

※とっておきの音楽祭……NPO法人とっておきの音楽祭による、障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽のチカラで「心のバリアフリー」を目指す音楽祭。2001年に仙台から始まった

卒業後は進学したい。第一学院では新しい発見が沢山あって、どんどん可能性が広がりそうです

近い目標としては、苦手な英語を克服するために英検にチャレンジしたいです。周りの友達にも、資格取得のために勉強している子が結構いるんですよね。
卒業後は、理系の大学かコンピュータ関係の専門学校に進学したいと考えています。今興味があるのはプログラミング。ただ、この3年間で変わるかもしれないですけどね。それとできれば、一人暮らしもしてみたいな。あとはまだ漠然としているけれど、人と話すのが好きになったので、将来的にもそういうところを生かしていきたいなと思っています。

みなさんへのメッセージ

悩んでいるときこそ、いろいろなことをやってみると良いと思います。僕は中学校の頃学校を休んでいたので、進路や受験について悩んでいました。でもそれとは直接関係のない、ギターやピアノ、テニスなどいろんなことをやっていたんです。そういう経験が、後々人と話す良いきっかけになったりもするんだなって、自分の体験上そう思います。
学校は、入学を決める前にたくさんのところを見ると良いと思います。僕は実際に学校へ足を運んだり、ブログを読んでイメージを膨らませたりしました。そうやっていろいろ見たうえで自分が一番「いいな」って思えるところを選べば、きっと後悔しないはずです。