メディア掲載

第一学院高等学校は、これまで多くのメディアに掲載いただきました。その一部をご紹介します。

2022年度

  •  2022年9月28日

    「神戸新聞」(2022年9月28日付)に、第一学院高等学校 神戸キャンパスの生徒が赤い羽根共同募金のため制作したトートバッグについての記事が掲載されました。

    第一学院高等学校 神戸キャンパスでは、赤い羽根共同募金への関心を高めるためのトートバッグを制作しました。寄付が減少傾向にあることを受けて、若者の関心を高めようと中央区共同募金委員会が神戸キャンパスに依頼したもので、グッズや予算、ロゴデザインを考案し約2カ月かけて完成させました。神戸の方言を取り入れて「募金しと~とばっく」と名付けられ、ポートタワーなど神戸を象徴するモチーフを取り入れた「KOBE」のロゴをあしらいました。デザインを担当した2年生の森島日向さんは「神戸の魅力を再発見できたし、学校のみんなと協力していいものを作ることができた」とコメントを語りました。トートバッグをPRする生徒たちの様子も紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年9月14日

    「秋田魁新報」(2022年9月14日付)に、第一学院高等学校 秋田キャンパスの夢授業の様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 秋田キャンパスでは、三交モータース商会(秋田市)常務理事の金森登志雄さんを講師に迎えての夢授業を9月5日に行いました。当日は映像を見ながらドローンの将来性を学び、三交モータースによる高校生向け「ドローンスクルール」や自動車学校の事業についての説明を受けました。2年生の佐藤逢夢さんは「ドローンの活用によって、将来の街は大きく変わるんだなと思った」と感想を語りました。夢授業は13日に別のテーマでも実施。地域の課題を見つけ、解決策などを探るプロジェクト型学習に生徒たちが取り組む様子も紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年9月7日

    「新潟日報」(2022年9月7日付)に、第一学院高等学校 新潟キャンパスの在校生が「第6回全国高校生花いけバトル上信越大会2022」に出場し初優勝した様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 新潟キャンパス2年生の星亜美璃さんと川沼純子さんが、県民会館(新潟市)で開かれた「第6回全国高校生花いけバトル上信越大会2022」に出場し、初優勝の栄冠を飾りました。本大会は2人一組で5分間の花いけに挑み、事前に用意された70種以上の花材と、大小さまざまな花器を組み合わせて表現力を競うもの。星さんと川沼さんはバラやヒマワリ、新潟県産のユリなどを彩り豊かに取り入れ、最後まで丁寧に仕上げたことが評価されました。2人は来年1月に高松市で開かれる全国大会に出場します。星さんは「初心者だったが、今大会のために練習を積んできた。自分たちの好きなように花を生けることができ、優勝できてうれしい」と話し、川沼さんは「全国に向け、よりレベルアップして頑張りたい」と語りました。記事には花いけの写真も紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

  • 「静岡新聞」(2022年8月7日付)に、第一学院高等学校 浜松キャンパス在校生によるイベント「星あい祭」の記事が掲載されました。

    第一学院高等学校 浜松キャンパス在校生が地域活性化を目指して企画・考案した「星あい祭」が、8月6・7日の両日に浜松市中区の遠州鉄道第一通り駅付近の高架下で行われました。地元商店街で扱われる商品の紹介や、幼稚園、保育園児たちが作った短冊などを展示。風鈴やちょうちん作りなどの工作体験コーナーも設置しました。当日のイベントの様子などが掲載されております。ぜひ、ご覧ください。

  • 「ラジトピ」(2022年7月30日付)に、第一学院高等学校 神戸キャンパス在校生による産学連携「DIYプロジェクト」の様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 神戸キャンパスでは、第一学院独自のプロジェクト型学習<PBL×SEL>の一環で実社会でゼロから商品企画・開発に携わることを通して実践学習を積む産学連携プロジェクト「DIYプロジェクト」が行われています。今回、その第一弾として1年生から3年生までの15名が参加し、西宮市のカフェ「花と寅」とコラボレーションを実施。商品ターゲットやコンセプトを考案し、企画書を作成しました。お店へのプレゼンや試食を経て完成したオリジナルパフェ「D1 トロピカルビーチパフェ」(税込1,200円)は、スクールカラーのオレンジ色を取り入れたボリューム満点で色鮮やかなメニュー。7月28日から8月1日の提供期間中は、生徒もカフェでパフェ作りと接客に奮闘し、満足感と学びを得た様子が掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年6月28日

    「朝日新聞」(2022年6月28日付)に、第一学院高等学校 奈良キャンパス在校生でプロスノーボード選手の梨木心礼さんの記事が掲載されました。

    第一学院高等学校 奈良キャンパス在校生でプロのスノーボード選手として活躍する梨木心礼さんが、3月にオーストラリアで開かれた「ワールドルーキーツアーファイナル2022」のハーフパイプルーキー女子の部門で2位に輝き、6月24日に奈良市役所を訪れ、仲川げん市長に競技の結果や今後の抱負などについて語りました。梨木さんは5歳からスノーボードを始め、小学校時代からすでに全国レベルの実力を発揮。今年2月の第5回札幌ジュニアスノーボード競技会でも、7位の成績を収めています。仲川市長と会った梨木さんは、「最大限の技を出し切れました。ナショナルチームに入って、世界の舞台で活躍したいです」とコメントする様子などが紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年6月7日

    「秋田魁新報」(2022年6月7日付)に、第一学院高等学校 教員 陸上競技部 奥田啓祐による秋田キャンパスの夢授業<陸上で得た経験>の様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 秋田キャンパスでは、第一学院高等学校 教員 陸上競技部 奥田啓祐による夢授業<陸上で得た経験>を行いました。奥田は、6月4日・5日に行われた陸上競技の日本選手権・混成競技で男子十種競技を初制覇しました。夢授業では、奥田がこれまでの競技生活を振り返りながら「失敗の方が多いが、多くのことを学んだ。がむしゃらに挑戦してほしい」「目標は人それぞれで、僕の場合は陸上だった。周囲への感謝を忘れず、こつこつ頑張ることを心がけている。みんなも、なりたい自分を想像してみてほしい」と生徒たちへ呼びかけました。夢授業を受けた、陸上経験のある3年の佐々木柊さんは「やりたいこと、するべきことを自分で判断し頑張ること、環境に感謝することが大事だと思った」とコメントしており、他にも十種競技の魅力や、生徒とゲームをして交流を深めた様子が掲載されております。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年5月29日

    「朝日中高生新聞」(2022年5月29日付)「朝日小学生新聞」(2022年5月28日付)、「産経新聞(大阪・夕刊/WEB)」(2022年5月24日付)「毎日新聞(大阪/WEB)」(2022年4月28日付)に、第一学院高等学校大阪キャンパスの生徒たちが取り組んでいる「異文化交流プロジェクト」の活動の様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 大阪キャンパスは、地域にある外国人の就労支援や交流拠点を兼ねたYOLO BASEと協力し、独自のプロジェクト型学習(PBL×SEL)「異文化交流プロジェクト」を実施しています。今回大阪キャンパスの生徒6名が外国人食堂に参加する外国人への日本語セミナーを担当することになり、生徒たちとYOLO JAPANの担当者が話し合ってセミナーの内容を決める様子や当日の様子などが掲載されています。3年の田上暖さんは「かたい日本語よりも、日常でよく使う日本語を教えたいと考えました」「インドネシアの方々と話しました。みなさん日本語が上手ですが『漢字が難しい』という声も。次は、自分からもっと話しかけて仲良くなり、知らない文化をお互いに紹介し合えたら」とセミナーのテーマ決めから当日まで振り返って話しています。2年の米澤ひかりさんは次回の意気込みとして、「来てくれた人の出身国の特徴などを覚えたら、会話が広がりそう。間違ってもいいから、英語も使って話しかけてみたいと思います。」話しています。生徒たちがプロジェクトに参加したきっかけなどもあわせて紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年5月14日

    「北國新聞」(2022年5月14日付)に、第一学院高等学校 金沢キャンパスの北陸ミサワホーム 坂下大輔さんによる夢授業<南極の体験>の様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 金沢キャンパスでは、南極地域観測隊に4度参加した北陸ミサワホームの坂下大輔さんによる「夢授業」にて、チームワークやチャレンジ精神の大切さをお話しいただきました。坂下さんから南極で建設した気象観測を行う施設についてご紹介いただき、過酷な環境で仲間と助け合うことの大切さを学びました。「やらずの後悔は一生の後悔。失敗しても良いから挑戦してほしい」というメッセージや、実際に坂下さんが南極できていた服に生徒たちが触れる様子も掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年5月12日

    「デイリースポーツ」(2022年5月12日付)に、第一学院高等学校 湘南藤沢キャンパス在校生で自転車BMX選手の内藤寧々さんの記事が掲載されました。

    第一学院高等学校 湘南藤沢キャンパス在校生で自転車BMX選手の内藤寧々さんが、5月5日に行われたフリースタイル・パークのマイナビ・ジャパンカップの女子エリートクラスで見事優勝をかざり、その様子が「デイリースポーツ」(2022年5月12日付)にて、掲載されました。内藤さんは「すごくうれしいです。今年初めてジャパンカップで1位になれた。」と笑顔でかみしめており、日本女子では数人しかできない大技に、「こけるか、こけないか結構不安だった。それが決めれたのが一番うれしい」と自信もついたことも話しています。また、今後は世界の舞台で実力を試しながら、2024年パリ五輪出場に向けて練習を重ねる内藤さんは、「オリンピックっていう夢の舞台に自分も選手として出られたらすごくうれしい。」と決意をのべる様子なども紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年5月7日

    「北國新聞」(2022年5月7日付)に、第一学院高等学校 金沢キャンパスの県赤十字血液センター 石川範子さんによる夢授業<献血の重要性>の様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 金沢キャンパスでは、県赤十字血液センターの石川範子さんによる「夢授業」にて、献血の大切さについてお話いただきました。実際に輸血を受けられた方からのメッセージもご紹介いただき、「自身の善意で誰かの人生を変えられる」と生徒たちへ献血の重要性についてお伝えいただいた様子などが掲載されております。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年4月27日

    「北陸中日新聞」(2022年4月27日付)に、第一学院高等学校 金沢キャンパスの夢授業<警察官の仕事>の様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 金沢キャンパスでは、金沢東署の星野敏之警務第一係長による「夢授業」を実施しました。星野さんは、警察官の仕事の魅力や業務内容を紹介してくださり、「つらいこともあったりするが、困っている人の力になり、「ありがとう」のひと言が励みになる。人間としても成長でき、一生続けられる仕事だ」と金沢キャンパスの生徒たちへお話しいただいた様子などが掲載されております。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年4月17日

    「読売新聞(千葉版・東葛版)」(2022年4月17日付)の「ひと」に、第一学院高等学校 千葉キャンパス卒業生の小手川結翔さんの記事が掲載されました。

    第一学院高等学校 千葉キャンパス卒業生で、ブレイキン(ブレイクダンス)選手で活躍中の小手川結翔さんについて、「読売新聞(千葉版・東葛版)」(2022年4月17日付)の「ひと」で紹介されています。小手川さんは、全日本ブレイキン選手で回転技を次々と決め、昨年優勝、今年準優勝と輝かしい成績を収めています。よりダンスに打ち込める時間を作る為、高校3年時に第一学院に転校しています。パリ五輪出場を最大の目標としている小手川さんは「急にうまくなることは不可能。目の前にある大会を一つ一つ勝ち抜いて、準備していく」とコメントしており、今まで彼女を近くで見守ってきたお母様のコメントも掲載されております。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年4月22日

    「北陸中日新聞」(2022年4月22日付)に、第一学院高等学校 金沢キャンパスの生徒たちが、北陸中日新聞幸工場で新聞製作の流れを学ぶ様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 金沢キャンパスの生徒たちは、北陸中日新聞幸工場を訪れ、新聞製作の流れを学びました。また北陸中日新聞の松坂浩一郎NIEコーディネーターによる講座も行われ、記事の見出しの付け方なども学びました。金沢キャンパス3年生藤江勇羽さんの「新聞が大勢の人と多くの工程を経て作られていると知り、感動した」というコメントや、内田健太さんの「多くの工程が自動化されていて興味深い」というコメントも掲載されております。ぜひ、ご覧ください。

  •  2022年4月15日

    「奈良新聞」(2022年4月15日付)に、第一学院高等学校 奈良キャンパスの入学式の様子が掲載されました。

    第一学院高等学校 奈良キャンパスは入学式を行い、新入生が新たな生活をスタートさせました。 当日は新型コロナウイルス感染予防の為、式典は午前・午後の2部制で行いました。新入生の北岡英磨さんは「できるだけ毎日登校して、スクーリングやサークルなどを楽しみたい」と抱負を語ってくれました。また、在校生代表2年の岡村祐花さんの「最初は慣れないこともあって大変だと思いますが、一緒に学校生活を楽しみましょう」と新入生へのコメントも掲載されております。ぜひ、ご覧ください。

  • 秋田魁新報 2022年4月15日

    「秋田魁新報社」(2022年4月15日付)に、第一学院高等学校 秋田キャンパス 入学式の様子が掲載されました。

    2022年4月15日に第一学院高等学校 秋田キャンパスの入学式が行われ、新入生たちが新たなスタートを切りました。在校生代表の2年菅原圭介さんは、「これから一緒に高校生活を送るのが楽しみ。自分が1年生だった時の経験を思い出し、サポートしたい」と温かな歓迎の言葉を送ってくれました。新入生代表挨拶の大渕小春さんは、「自分自身への理解を深め、将来活躍するため、できることに2年間取り組みたい」とのべてくれている様子やマスクを着用した校歌斉唱の様子が秋田魁新報社で紹介されています。ぜひ、ご覧ください。