卒業式

第一学院では1人1人の生徒と向き合い、1人1人の生徒の幸福を願い、1人1人の生徒を育んでいます。

不安や悩みを抱えながら第一学院の門をたたいた生徒が、先生や先輩に見守られながら、
そして友人と支えあいながら、授業や学校行事などさまざまなことを体験する中で自分を好きになり、自分らしく第一学院を卒業します。
卒業式では多くの保護者や、これまでお世話になった先生方、協力して頂いたエリアコンフィダント※の方々などに祝福されながら、
未来へ向かって新たな一歩を踏み出します。第一学院はこれからも、「夢」を意識し、「夢」を持ち続けられるよう、
多様な状況にある生徒一人ひとりの「成長」をサポートしていきます。

※エリアコンフィダント:教育活動にご支援いただいている方

2020年度 卒業式の様子

2020年度の卒業式はコロナウイルス感染拡大防止のために、
対策を施しながら規模を縮小しての挙行となりましたが、
ウイルスを吹き飛ばすような笑顔とたくましい姿で新たな一歩を踏み出しました。

答辞
~卒業する私たちから皆さんへ~

卒業生代表 答辞

生田 桜子さん

暖かな優しい日差しに春の訪れを感じる今日、私たち3年生59名は卒業の日を迎えました。
本日、お忙しい中、私たちのためにご列席くださいました皆様、誠にありがとうございます。
私は3年前の春に、新しい仲間と共に第一学院高等学校に入学しました。
私は思ったことをはっきり口にしてしまう性格で、友達と上手くいかず悩む時期がたくさんありました。そんな私はこの第一学院高等学校でお互いを理解し、思いを素直に言い合える仲間と出会いました。
1年生の時、大変お世話になった先生がいます。その先生は、良いこと悪いことをしっかり教えてくださる先生でした。ある時、私は不安定な気持ちを抑えられず教室を飛び出した日がありました。考えず衝動的な行動に任せて教室を出たことに、先生は誰かに相談して出てきたの、と声をかけてくれました。先生の言葉にハッとしたことを覚えています。何も伝えず教室にいた先生に心配をかけてしまう行動をしたことに気づきました。自分の行動の悪いところに気づく機会をくださった先生のことを尊敬して信じて、頼るようになりました。
私に真正面から向き合ってくださる先生に出会いました。
そして、楽しいことも、努力することも共に味わった仲間がいました。二年生のスクーリングに参加した時、本校に着くまでに疲れが出ていたバス移動。友達とはしゃいで楽しかった体育のドッジボール。防寒グッズを貸し借りしてみんなで乗り越えた夜の校舎での授業。宿舎でのご飯やお風呂、消灯時間ギリギリまでの談笑に楽しい時間と強くなる友情を感じました。出会った時期は違っても、お互いがお互いを思いあう存在であったと思います。人生の通過点の中で共に卒業できることを嬉しく感じています。
私はピアサポーターという部活動に参加し、中学3年生対象のオープンスクールや行事の企画、運営を行う活動をしていました。その活動の中で、印象に残っていることがあります。
それは3年生の時、今ここには数名しかいませんが、ピアサポーターとして学校行事のお手伝いをしている2年生と1年生の人に私は一度怒ったことがあります。先生方への態度や学校行事の取り組み方に先輩として気になるところがあったからです。怒ってしまった後、言い過ぎたかなと思っていたのですが、「言いにくいことを言っていただき、ありがとうございました」と、2人の男の子が悪かった部分を見直し、一生懸命私の意見に応えようとしてくれました。そんな姿を見せてくれた2人は今卒業式の大切な役割を担ってくれています。著しく成長する頼れる2年生に出会いました。
ダメなことはダメとしっかり教えてくださった先生、楽しいことも、努力することも、共に乗り越えた友人、いつしかたくましくなっていた後輩に出会うことができた第一学院高等学校を誇りに思います。
そして素晴らしい出会いに導いてくれた人がいます。母と私のことを全力で愛し、いろんな角度から支えてくれる父と、父を尊敬し、私の背中を押し続けてくれる母です。両親は私が決断したこと考えて行動したことを否定せず、自分の道を歩ませてくれました。そんな両親を尊敬しています。
私たちは、これから自分の決めた道を力強く歩んでいきます。時には、下ばかり見て歩いていたり、後ろを振り返り立ち止まってしまったりするかもしれません。それでも、この第一学院高等学校で得た、さまざまな力がまた前を向いて歩き始める力を加えてくれると信じています。
最後になりましたが、一緒に悩み、たくさんの支えをくださった校長先生をはじめとする先生方、手を取り合い、肩を並べて歩いてくれた友人、私をいつも信じて寄り添ってくれた家族、年の差を感じさせないほど大人な在校生の皆さんに、改めて感謝するとともに、第一学院高等学校広島キャンパスのさらなるご発展を祈念し、答辞といたします。

令和3年 3月10日
卒業生代表 生田 桜子

中島 基さん

日々、景色が春の色に染まっていき、生命の息吹が感じられる季節になりました。本日は、私たち卒業生一同のために、このような心のこもった式典をあげていただき、誠に有難うございます。先生方をはじめ、ご来賓、ご父兄の皆様にご臨席いただく中で卒業できることを、卒業生一同を代表し、厚く御礼申し上げます。
私は今、進路も決まり、このように卒業生代表として壇上に立っているわけですが、けっして順風満帆の人生を歩んできたわけではありません。
私は中学の時から、自分には生きる意味などないと思って生きてきました。唯一活躍でき、周りに認めて貰えるのはネットゲームの中だけで、次第にゲームに依存するようになりました。高校受験は周りを見返したいという思いから、ある程度の偏差値の高校に進学したものの、勉強についていけず、理想の自分と現実の自分のギャップにストレスを感じ、次第に抑うつ状態になっていきました。
そして今から1年前、私は第一学院に転入してきました。当時の自分はベッドから起き上がることも辛く、無気力で、何もせず毎日を過ごしていました。
そんな私に、先生方はボランティアや、ピアサポーター活動を紹介してくださり、私はそれらの活動を通して、少しずつ自分は生きていても良いんだと思えるようになりました。また、その過程で、素晴らしい友人や後輩にも出会えました。もし彼らの支えがなければ、私は今、この場に居なかったでしょう。
辛く、苦しいことが多い1年でしたが、私にとってこれほど充実した1年は初めてでした。私は、この第一学院での思いを胸に、これからの人生を切り開いてまいる所存です。諸先生方、本当にお世話になりました。卒業後も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
最後になりましたが、第一学院高等学校が、これからも素晴らしい歴史を刻んでいかれることをお祈りして、答辞とさせていただきます。

令和3年3月13日
卒業生代表 中島 基

山本 実生さん

日ごとに、暖かくなり、すっかり、春らしい陽気になりました。本日、このような卒業証書授与式を執り行っていただき、心より、感謝申し上げます。
御来賓の皆様、保護者の皆様、本日は、お忙しい中、私たちのために、足をお運びいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。
私が転校して来てから、早くも2年が経とうとしています。転校直後は新しい環境に戸惑い、慣れないことも多く、周りに付いて行くだけで精一杯でした。しかし、先生方や先輩、同級生と一緒に過ごして行く中で段々と仲のいい友達もでき、学校に通うという行為が楽しいと感じられるようになりました。
学年を超えた交流も盛んで、このキャンパスならではのイベントはどれも楽しく、第一学院に通ったからこそ経験出来たことが沢山ありました。そんな中でも、私が一番印象に残っている行事はスクーリングです。慣れない環境下で知らない人達と共に長い期間を過ごす中で、新鮮に感じたことも多く、とてもいい思い出になっています。最終日には違うキャンパスの人達とお菓子パーティーを開いて、消灯時間まで楽しい時間を過ごしました。最初は、単位認定試験を受けるということで気乗りしないまま参加した行事でしたが、結果的には充実感と達成感を得られ、何事も一度挑戦してみようと思う気持ちは自分の糧となるということを知りました。今年のスクーリングはコロナ禍により、前回のようなことは叶いませんでしたが、与えられた状況下でやり遂げられ、今こうして、無事卒業の日を迎えられています。
私たちが、ここまで成長し、努力してこられたのは、先生方や先輩、後輩など、学校の仲間たち、そして家族の励ましや、応援があったからです。
これから、私たちはそれぞれが選んだ道を歩みます。ここで学んだこと、経験したことを活かし、社会で活躍することを目標に、己を磨いていきます。
最後に、諸先生方のご健康と第一学院高等学校の益々の発展を心からお祈り申し上げ、卒業生を代表し、答辞とさせていただきます。

令和3年3月6日
卒業生代表 山本 実生

家族・先生への感謝の言葉

保護者・エリアコンフィダントの方のお声

左から飯塚 幸子様、吉田 朱里さん、吉田 美雪様

卒業生 吉田 朱里さん

今までは他人と自分を比べてはダメな部分ばかり意識してマイナス思考になっていました。でも第一学院では、先生たちが全部ひっくるめて受け止めてくれます。いい部分もダメな部分も個性として認めてくれる。この学校でそういう考え方に初めて出会いました。
私は固定された空間に居ることが苦手で、長時間教室で授業を受けることができません。そのことを先生に相談したところ、途中退室を認めてくださり、席も一番後ろで授業を受けやすいように配慮してくださいました。個性に合った方法で勉強できたことはとても大きかったです。そして、進路について何十回何百回と相談に乗ってくださり、1日に何度も面接練習をしてくれた先生には感謝してもしきれません。
「子どもについて学びたい、大学進学したい」という目標を見つけ、卒業後は大学で子どもの身体の発達や心理の勉強をする予定です。大の勉強嫌いの私ですが、第一学院でやりたいことに出会い、そのための勉強ができることにワクワクしています。

卒業生保護者 吉田 美雪

前の学校では教室に入れず、毎日辛い思いをしていたので、笑顔になれたことが本当によかったです。第一学院には見学の時から先生方が優しく接してくださり、いつも親身に対応してくださるので、安心して娘を預けることができました。おかげさまで入学後は何でも自分で決断できるほど大人になり、進路も家族を説得して自ら決めていました。
同じような思いを抱えている親御さんには、悩んでいるならぜひ一歩踏み出してほしいです。第一学院はおすすめできる学校ですよ!

小学校恩師 飯塚 幸子

小学生時代から明るく、人思いで優しい、頑張り屋さんでした。いろいろあった中、こうして卒業を迎えられて本当によかった!インタビューを堂々と受ける姿を見ていると、第一学院での2年間がいかに楽しく充実し、いい出会いがあったかが分かります。将来の夢まで見つけた姿を見ることができ、本当に感動しました。優しい彼女には、小さいお子さんやお年寄りと接するお仕事が合っていると思います。ぜひいつか一緒に働きたいですね!

卒業生 伊藤 大裕さん

第一学院での学校生活はあっという間でした。振り返ってみると、入学前の自分より「自己中心的」な自分になれました。今の方が良い意味で、自分の好き嫌いがハッキリするようになったんです。
第一学院には、自分でチャレンジしてみる機会が多くて、その時の成功はもちろん、失敗も自分を強くしたきっかけになったのかなと思います。そういうチャレンジを通して、これは“やってみたい”“これは自分に向いていない”など、自分自身が分かるようになり、自分の思うままに行動できました。
大学進学の道も自分で選び、無事進学先も決まって春からは一人暮らしをする予定です。今までお世話になった両親・先生・友達に感謝して、高校での経験を活かして、大学でもいろんなことにチャレンジしていきたいです。

卒業生保護者 伊藤 美奈子

入学前にいろいろ高校を見て回り、教室に入った時のアットホームさと温かさが良いな、と思い、息子に第一学院をすすめました。中学校の頃は、人の思いも自分の思いにしてしまうほど優しすぎる性格でしたが、入学後はだんだんと自分の意思を持つようになり、進路まで自分で決めていくほどに変わっていきました。
また、息子だけではなく、私自身も第一学院で成長できたと思っています。茶話会によく参加して、他のお母さん・お父さんと子どもに対する考え方や自分の考えを交換し合ったり、先生方も心から私たち保護者と話してくださったりしてくれるので、自分が通っていた学校みたいに思えました。
息子には、「好きになった自分」を大切にして、強く頑張っていってほしいと思います。

左から捧 保一郎様、捧 悠菜さん、丸山 広大様

卒業生 捧 悠菜さん

第一学院での高校生活を通して、人前でも自分の意見をしっかり言えるようになりました。「嫌なことは嫌」とも言えるようになり、感情を表に出せるようになって、性格がとても明るくなったと思います。それが一番の成長ですね。
高校生活で想い出に残っているのは、海外の方と一緒に歌やダンスのショーを作るプログラムに参加したこと。最初はテンションの高さに圧倒されながらも、他キャンパスの子とも仲良くなれて、自分の殻を破ることができました。
普段はピアサポーター※の活動もしていました。初対面の人にも不安をほぐせるよう自分から話しかけたり、相手の気持ちになって行動できたりするようになれたかなと思います。
第一学院には普通の勉強だけではなく、成長できる機会がたくさんあるので、この学校を選んで本当によかったです。
※ピアサポーター活動…仲間同士で相互に支え合う活動

卒業生保護者 捧 保一郎

中学時代に学校へ通えない時期があり、高校は大丈夫だろうか……と心配しましたが、無事に卒業することができました。本音としては、「やっと、ようやく卒業できた!」という感じでしょうか。
第一学院は、オープンキャンパスに一緒に行き、親子でここがいいと意見が一致して選びました。一番のよさは自由さ。普通の高校に通っていたら、きっと規則に縛られて続けられなかったと思います。笑顔で学校に通えている、親にとってそれが何よりでした。さらに高校卒業とあわせて就職が決まりホッとしています。とはいえ社会人としてのスタートライン。決して楽な道ではありません。まだまだこれから、ですね。

中学校恩師 丸山 広大

最後に壇上に登り大勢の前で「保護者への感謝」を話す姿に驚きました。ですが、振り返れば中学時代から意思の強さを感じさせる生徒でした。いい形でそれが花開いたのだなという印象を持ちました。
今日の卒業式で担任の先生との関係性などを見ていると、第一学院には一人ひとりに寄り添い、人柄や個性を大切にする雰囲気を感じました。

卒業生 池田 拓夢さん

今日卒業の日を迎えられて正直ほっとしています。
第一学院に入学する前は、どうしても朝起きられませんでした。しかし、授業を受けるようになると自然と朝早く起きられるようになり、生活習慣が改善されました。
それでも在学中、問題があれば先生たちが相談に乗ってくれました。来年から整体師として働くのですが、問題点も含めて自分のことを先生たちが理解してくれて、とても温かく進路についても応援していただきとても感謝しています。
先生方、お父さんお母さん、3年間支えてくれてありがとうございました。

卒業生保護者 池田 和法

第一学院での様子を聞くと、「あと一つ」が第一学院の先生にはあるのだと感じました。息子の話を聞いて一粒の涙を流して、一緒に汗を流していただいたり、寄り添って声をかけていただいたり、これまでなかった一言の勇気をいただけて感謝しております。

卒業生保護者 池田 昌枝

入学したての頃は朝が弱く、生活のリズムがとれていなかったのですが、学校に通い始めてからは、自分で1日のスケジュールを立てて、気がついたら8時ごろから勉強していました。いつの間にか、とてもたくましくなったと思います。
率先して家のことを何でもやってくれるようになりました。自炊や食器洗い、洗濯をやってくれるので、私も「頑張らなくちゃ!」と元気をもらいました。
第一学院では、勉強もそうですけど心をすごく大切にしてもらい、この子にあった進路先を相談していただけたことに感謝いたします。

左から水野 文明様、水野 結都さん、水野 集都さん、水野 幸枝様

卒業生 水野 結都さん

以前通学していた高校で、辛い気持ちを抱えていた時期もありましたが、卒業を迎えるにあたって、第一学院では嬉しいことや悲しいことなどさまざまなことを経験することができ、高校卒業という達成感を味わっています。
第一学院へ入学前は、初対面の人に対して誰にでも同じように接していましたが、今は相手の立場に立って話を聞いて物事を進められるようになりました。自分は映像系の仕事に就きたいという夢があるので、仕事の中で相手とコミュニケーションをとらなくてはなりません。今後仕事や大学生活で、相手の思考や要望を取り入れていくことが増えてくると思うので、第一学院で人と接する力が培われ、これからそれを活かせるのかなと感じています。
特に感謝を伝えたい人は、担任の先生を始めとする教職員(フェロー)の方々です。
じっくり話を聞いてくれ、自分に合わせて話をしてくれました。僕の気持ちが落ち込んでいるときに、話をしっかり聞いてくれたことにとても感謝しています。
優しいだけではなく、ちゃんと叱ってもくれました。そのおかげで、物事の良し悪しがわかるようになったと思います。あとは、趣味の話もよく話しました。学校生活の充実という意味でも助けられましたし、受験のときもすっごく助かりました!
先生と生徒との距離が近いという点が大きな魅力だと感じています。

卒業生 水野 集都さん

今こうして卒業を迎えられたことを喜びというよりは、とても安心しています。
僕は、以前浮き沈みが激しいタイプだったのですが、気持ちが沈んでいるときに先生方が声をかけてくださって、「大丈夫?」、「進路だけど、今どんな感じなの?」など、とても気にかけてくださって、そういった先生方の温かい言葉が自分の助けになって、高校生活を送ることができました。第一学院に入学した時と今とでは僕自身ぜんぜん違うなあと感じています。
感謝を伝えたい人は、まずは、お父さんお母さん。毎日、お弁当を作ってくれましたし、学費を出してくれて……。自分が沈んでいた時も温かく見守ってくれて、まだまだ半人前ですが、これからも助けてもらえればなあと思っています。
第一学院では、軽音部の先生方や仲間たちの存在ですね。軽音部は、転校してから初めての自分の居場所で、部長まで務めることができました。最初は軽音部を上手くまとめることができずに落ち込んでいた時期もありました。そんな時にフェローや両親の助言があったり、自分で試行錯誤してみたりした経験が今後の人生に活かしていけると感じています。
大学では、自分が学生生活で困っている時期があった経験から、そのような人たちを助けてあげる側になりたいと感じて、心理学部に進むことを決めました。自分が経験したからこそ、落ち込んいる人たちがいたら「大丈夫だよ」と一言声をかけてあげるということの大切さを知っているつもりなので、同じようにしてあげたいと思っています。

卒業生保護者 水野 文明

最初は高校選びから始まり、いろいろな通信制高校を見学しました。家から学校に近く、通学して学校生活を味わってもらいたいという想いから第一学院を選びました。最初は、なかなか学校に行けなかったのですが、最終的には毎日行けるようになって、たくさんの人と出会い、少しずつ性格も明るくなりました。高校を卒業できて本当に良かったと感じています。
これから先の人生も、自分の力で歩んでいけることを第一学院で培ったのではないかと思います。

卒業生保護者 水野 幸枝

息子たちを入学から現在まで見てきて、現実逃避したくなるような辛いできごとがあったとしても、ちゃんとまた現実に戻って元気に生活していくことができるんだなということを強く感じることができました。
これから大学生になって成人していくわけですが、第一学院で経験したことを活かして、自分の行動に一つずつ責任を持って自立していってほしいなと親として思っています。

卒業生 池田 流星さん

入学前は地元を離れ、誰も知らない土地に来て不安も多くありましたが、いざ入学してみるといろんな人と出会い、これまでと違う授業や生活を経験することで、卒業まで楽しく頑張ってくることができました。
今日までサッカーを続させてもらえたことや、この先、大学に進学してからも、サッカーを続けられる道にサポートしてくれた両親と周りの仲間に感謝しています。
大学進学後も第一学院での経験を活かしてサッカーと勉強の両立を頑張っていきたいです。

卒業生保護者 池田 早人

卒業の日を迎えてみると、長いようであっという間に感じます。
寮生活であまり会えませんでしたが、静岡と茨城を行き来する中で、路線選びや旅費などを自分で手配できるようになり、地元にいては学べなかったであろう社会人としての成長が見られました。
また、学校の体験学習で、高萩の皆さんに和紙の作り方を教えていただいたと聞き、地域ぐるみで貴重な経験を積ませてもらっていると感じました。
第一学院に入らなければ、大学には進学できなかったと思います。いろんな人の助けや、多くのチャンスをいただいて大学に行けるようになったので、自信を持ち、目標に向かって逃げずに頑張ってほしいと思います。

エリアコンフィダント※ NPO里山文化ネットワーク 川村 きぬ子さん

普段であれば体験学習で手芸を教えたり、サッカー部の応援に行ったりと生徒と関わる機会が多いのですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、直接生徒に会う機会がなく、卒業式の様子を見た時には、みんな見分けがつかないくらい大人びていたことにびっくりしました。
私の楽しみの8割はサッカー部の応援をはじめ、第一学院の生徒との関わりです。高萩本校の生徒は親元を離れて暮らしている生徒が多いので、高萩のおばちゃんとして心のよりどころになれたらと思っています。
これから大学に進む子どもたちは、また親元を離れて暮らすことになると思いますが、支えてくださっているご両親に感謝の気持ちを伝えて、親孝行しながら頑張っていってほしいです。
生徒たちからとても多くの楽しみをもらいました。
ありがとう、楽しかったです。
※エリアコンフィダント:教育活動にご支援いただいている方

ご列席者 所属先一覧

生徒が卒業式を迎えるまでに、成長を一緒に支えていただいた、出身中学・前籍高校の恩師の皆様や地域の方々に旅立ちの日を見守っていただきました。
ありがとうございました。

北海道・東北エリア

仙北中学校 / 和賀東中学校 / 釜石中学校 / 盛岡スコーレ高等学校 / 不来方高等学校 / 岩手理容美容専門学校 / 柳沢学童保育クラブ / 仙台青陵中等教育学校 / 中山中学校 / 玉川中学校 / 古川中学校 / 多賀城中学校 / 八乙女中学校 / 南光台中学校 / 根白石中学校 / 宮城学院中学校 / 尚絅学院中学校 / 聖ウルスラ学院英智中学校 / 富谷第二中学校 / 幸町中学校 / 沖野中学校 / 東向陽台中学校 / 第二中学校 / 錦ケ丘中学校 / 仙台向山高等学校 / 古川工業高等学校 / 泉高等学校 / 亘理高等学校 / 石巻北高等学校 / 仙台城南高等学校 / 東北高等学校 / 尚絅学院高等学校 / 常盤木学園高等学校 / 聖和学園高等学校 / 利府高等学校 / 山形工業高等学校 / 仙台市立長命ヶ丘小学校 / 安積中学校 / 行健中学校 / 二本松第二中学校 / 西郷第二中学校 / 矢吹中学校 / 塙中学校 / 船引中学校 / 安積第二中学校 / 緑ケ丘中学校 / 石川義塾中学校 / 白河南中学校 / 第三中学校 / 郡山高等学校 / 郡山東高等学校 / 安積黎明高等学校

関東エリア

瑞穂野中学校 / 宝木中学校 / 陽東中学校 / 小山第二中学校 / 小山中学校 / 黒磯中学校 / 市貝中学校 / 西那須野中学校 / 黒磯北中学校 / 南河内第二中学校 / 県立宇都宮東高等学校附属中学校 / 宇都宮中央女子高等学校 / 栃木高等学校 / 石橋高等学校 / 宇都宮短期大学附属高等学校 / 大原中学校 / 加須東中学校 / 岩槻商業高等学校 / 千葉大学教育学部附属中学校 / 共栄学園中学校 / 八千代松陰高等学校 / 実籾高等学校 / 土浦第二中学校 / 牛久第一中学校 / 江戸川学園取手中学校 / 法田中学校 / 第二中学校 / 松葉中学校 / 木間ケ瀬中学校 / 印旛中学校 / 旭中学校 / 江戸川学園取手高等学校 / 東洋大学附属牛久高等学校 / 流山高等学校 / 印旛明誠高等学校 / 専修大学松戸高等学校 / 松戸向陽高等学校 / 白鴎高等学校 / 白山小学校 / 小張小学校 / 烏山中学校 / 堀切中学校 / 調布中学校 / 浅草中学校 / 日本体育大学荏原高等学校 / 関東国際高等学校 / 六本木高等学校 / 橘高等学校 / 日本工業大学駒場高等学校 / 品川区立小中一貫校 伊藤学園 特別支援教室 / 町田第二中学校 / 玉川学園中学部 / 緑が丘中学校 / 相模台中学校 / 東林中学校 / 小川高等学校 / 明治大学付属中野高等学校 / 霧が丘高等学校 / 多摩高等学校 / 湘南高等学校 / 麻溝台高等学校 / 厚木商業高等学校 / サレジオ工業高等専門学校 / 春日部共栄中学校 / 第二南砂中学校 / 吾嬬立花中学校 / 芝商業高等学校 / 大崎高等学校 / 青山高等学校 / 正則学園高等学校 / 頌栄女子学院高等学校 / 玉川聖学院高等部 / 関東国際高等学校 / 実践女子学園高等学校 / 創価高等学校 / 王子総合高等学校 / カリタス女子高等学校 / 東京都立産業技術高等専門学校 / 滝の沢中学校 / 茅ケ崎西浜高等学校 / 湘南台高等学校

中部・東海・北陸エリア

東石山中学校 / 寄居中学校 / 新津第五中学校 / 小新中学校 / 新潟明訓高等学校 / 野沢中学校 / 三陽中学校 / 七二会中学校 / 北部中学校 / 東部中学校 / 裾花中学校 / 更北中学校 / 松代中学校 / 柳町中学校 / 篠ノ井西中学校 / 櫻ケ岡中学校 / 明善中学校 / 飯田西中学校 / 常盤中学校 / 相森中学校 / 墨坂中学校 / 南宮中学校 / 更埴西中学校 / 川上中学校 / 浅科中学校 / 真田中学校 / 楢川中学校 / 波田中学校 / 小谷中学校 / 大岡中学校 / 坂城中学校 / 小布施中学校 / 信濃中学校 / 飯綱中学校 / 戸隠中学校 / 豊田中学校 / 犀陵中学校 / 広徳中学校 / 富士見中学校 / 長野中学校 / 更級農業高等学校 / 長野西高等学校 / 長野吉田高等学校 / 長野工業高等学校 / 篠ノ井高等学校 / 須坂東高等学校 / 須坂高等学校 / 屋代南高等学校 / 屋代高等学校 / 北部高等学校 / 長野清泉女学院高等学校 / 長野日本大学高等学校 / 上田西高等学校 / 飯山高等学校 / 長野工業高等専門学校 / 豊野高等専修学校 / 須坂創成高等学校 / 稲荷山養護学校 / 秋田県立能代支援学校 / 長野県長野盲学校 / 北星中学校 / 北部中学校 / 神久呂中学校 / 積志中学校 / 入野中学校 / 島田第二中学校 / 城山中学校 / 袋井中学校 / 清竜中学校 / 北浜東部中学校 / 福田中学校 / 雄踏中学校 / 細江中学校 / 三ケ日中学校 / 東陽中学校 / 浜松学芸中学校 / 浜松市立高等学校 / 磐田北高等学校 / 浜松学院高等学校 / 浜松開誠館高等学校 / 藤枝順心高等学校 / 浜松江之島高等学校 / 静岡県立西部特別支援学校 / 二川中学校 / 北部中学校 / 高師台中学校 / 牟呂中学校 / 西部中学校 / 東部中学校 / 鳳来中学校 / 小坂井中学校 / 御津中学校 / 田原中学校 / 桜丘中学校 / 南陽中学校 / 星槎名古屋中学校 / 田口高等学校 / 成章高等学校 / 福江高等学校 / 桜丘高等学校 / 豊橋中央高等学校 / 村岡高等学校 / 愛知教育大学附属名古屋中学校 / 振甫中学校 / 御田中学校 / 萩山中学校 / 品野中学校 / 知多中学校 / 日進西中学校 / 春木中学校 / 植田中学校 / 滝ノ水中学校 / 吉根中学校 / 岡崎商業高等学校 / 横須賀高等学校 / 丹羽高等学校 / 五条高等学校 / 至学館高等学校 / 名古屋国際高等学校 / 東海学園高等学校 / 美和高等学校 / 名古屋市立名東高等学校 / 新川高等学校 / 橋北中学校 / 三滝中学校 / 南中学校 / 羽津中学校 / 笹川中学校 / 富田中学校 / 光風中学校 / 白鳥中学校 / 平田野中学校 / 白山中学校 / 桜中学校 / 陵成中学校 / 内部中学校 / 高田高等学校 / 四日市メリノール学院高等学校 / 三重高等学校 / 川越高等学校 / 鈴鹿工業高等専門学校

関西エリア

光泉中学校 / 仰木中学校 / 下鴨中学校 / 洛北中学校 / 久世中学校 / 太秦中学校 / 梅津中学校 / 蜂ケ岡中学校 / 深草中学校 / 勧修中学校 / 桂川中学校 / 南陵中学校 / 木幡中学校 / 西城陽中学校 / 北城陽中学校 / 長岡中学校 / ノートルダム女学院中学校 / 京都聖母学院中学校 / 西ノ岡中学校 / 広野中学校 / 男山東中学校 / 大枝中学校 / 洛風中学校 / 京都産業大学附属高等学校 / 龍谷大学付属平安高等学校 / 伏見中学校 / 精華西中学校 / 木津南中学校 / 郡山南中学校 / 南中学校 / 香芝中学校 / 二階堂高等学校 / 五條高等学校 / 生駒高等学校 / 奈良学園高等学校 / 天理高等学校 / 三郷小学校 / 桜井市立安倍小学校 / 京田辺市立田辺小学校 / 登別明日中等教育学校 / 堀江中学校 / 福泉中学校 / 信太中学校 / 関西創価中学校 / 喜志中学校 / 藤陽中学校 / 追手門学院大手前高等学校 / 金光藤蔭高等学校 / 清明学院高等学校 / 近畿大学泉州高等学校 / 大阪学院大学高等学校 / 国際高等学校 / 那賀高等学校 / 笠田高等学校 / 近畿大学附属高等学校 / 梁瀬中学校 / 八鹿青渓中学校 / 村岡中学校 / 村岡高等学校 / 高倉中学校 / 舞子中学校 / 大久保中学校 / 自由が丘中学校 / 大久保北中学校 / 星陵高等学校 / 明石南高等学校 / 明石清水高等学校 / 西宮市立西宮東高等学校 / 宝塚東高等学校 / 神戸国際大学附属高等学校 / 西宮甲山高等学校

中国・四国エリア

岡山大学教育学部附属中学校 / 吉備中学校 / 山南中学校 / 石井中学校 / 福浜中学校 / 芳泉中学校 / 八浜中学校 / 東児中学校 / 宇野中学校 / 総社中学校 / 高梁中学校 / 灘崎中学校 / 矢掛中学校 / 真備東中学校 / 清心中学校 / 西大寺高等学校 / 岡山芳泉高等学校 / 総社高等学校 / 矢掛高等学校 / 岡山学芸館高等学校 / 創志学園高等学校 / 関西高等学校 / 就実高等学校 / 岡山県作陽高等学校 / 総社南高等学校 / 岡山県総合教育センター / 山陽学園高等学校 / 大州中学校 / 伴中学校 / 府中中学校 / 玖波中学校 / 向陽中学校 / 佐伯中学校 / 千代田中学校 / 安田女子中学校 / 崇徳中学校 / 広島商業高等学校 / 尾道東高等学校 / 海田高等学校 / 千代田高等学校 / 広島城北高等学校 / 広陵高等学校 / 広島国際学院高等学校 / 沼田高等学校 / 広島市立伴南小学校 / 久米中学校 / 大洲北中学校 / 内子中学校 / 肱川中学校 / 吉田中学校 / 松山北高等学校 / 松山東高等学校 / 宇和島東高等学校 / 大洲高等学校 / 愛媛県立みなら特別支援学校

九州エリア

日新中学校 / 思永中学校 / 板櫃中学校 / 篠崎中学校 / 志徳中学校 / 大蔵中学校 / 北九州市立高等学校 / 小倉高等学校 / 八幡高等学校 / 八幡南高等学校 / 育徳館高等学校 / 高稜高等学校 / 明治学園高等学校 / 門司学園高等学校 / 粕屋中学校