自分次第で何だってできる、何にでもなれる。それに気づかせてくれた場所でした。

PROFILE

博多キャンパス卒業生
ソロシンガーとして活動中

詳細を見る

「学校だけがすべて」にならないから自分らしくのびのびと過ごせた学校生活でした。

中学のころからあまり学校に行けず、さらに高校に入学してすぐに入院を経験。退院後、第一学院に転校しました。転校して気づいたのは、前の学校と全然違うということ。よくある全日制高校では、生徒は「学校や勉強がすべて」になりがちですが、ここは自分のペースで勉強できて、勉強以外のことにもチャレンジできます。学校だけがすべてではないと気づけるから、「本当の自分」とちゃんと向き合って自分らしくいられた気がします。先生も「〇〇しなさい」と命令するのではなく、常に寄り添い見守ってくれます。ときには厳しいことも言われましたが、それは見捨てないで期待してくれていたからこそ。今思うとすごくありがたいです。

ヤングアメリカンズで「ゴスペル」にハマり、今はソロシンガーとして活動しています。

高校卒業後は大学に進学しました。そのとき熱中していたのが「ゴスペル」。第一学院在学中に参加したヤングアメリカンズでゴスペルにハマり、以来、教会に所属して歌うようになりました。大学卒業後も一度は就職しようと内定をもらっていましたが、夢を諦めきれず辞退。今はアルバイトをしながら、ソロシンガーとして活動しています。共同製作者の仲間もできたのですが、実はそのなかに第一学院の友人がいるんです。彼は作曲をしていて、レコーディングなどにも協力してくれています。
卒業後10 年経っても信頼して付き合える仲間がいるのは、とても嬉しいです。

将来の夢は、カルチャースクールをつくること。子どもたちに「チャレンジできる場」を与えたい!

僕には「子どもたちのカルチャースクールをつくる」という夢があります。今こうやってシンガーとして活動していられるのも、出会いやきっかけがあって、思う存分チャレンジできる場があったおかげなので、そんなコミュニティを子どもたちにもつくってあげたいです。そのためにも、今は僕自身を磨く時間。そしていつか、チャレンジすることの楽しさを子どもたちに伝えたいです。

悩んでいるのは子どもだけじゃないって分かってます。でもどうか、見守ってあげてほしい!

以前、在校生の保護者会に卒業生として参加する機会があり、そこで保護者の方の悩みを目の当たりにしました。そして心配や不安が強くなるほど、「〇〇してほしい」から「〇〇しなさい」という脅迫になりつつあると感じました。その気持ちは分かりますが、できれば適度な距離感で見守ってあげてください。すべてに「YES」と言う必要はないですが、まずは一回受け入れてあげてほしいです。お子さんも「尊重してくれている」「理解してくれている」と安心して、自分らしくいられると思います。

みなさんへのメッセージ

第一学院は、それぞれが抱えている悩みをクリアにして自分らしく過ごせる学校です。学力、体調、集団行動。学校に行くのが辛い理由は、みんなそれぞれだと思います。そして、それを自分のペースで取り組める学校があります。
第一学院は通信制高校ですが、全日制の公立高校や私立高校を選ぶように通信制高校という選択肢があってもいいと思います。自分のやる気次第で進学もできるし、目指せないものはありません。先生もみんなのやる気に応えて、応援してくれます。安心して選んでください。

インタビュー日時:2020年2月