第一学院は、みんなが対等で過ごしやすい!やりたいことやライフスタイルを優先しながら、高校卒業を目指すことができる環境です。

PROFILE

Mobile HighSchool(通信コース)在学中

詳細を見る

ダンスの世界大会を目指しながら、高校卒業も目指したい!一人ひとりに合わせたペースで、場所を選ばずに学習できることから、Mobile HighSchool(通信コース)を選びました。

第一学院には、2年生の春の年に、1年生として入学しました。
昔から学校がとても苦手で、割と行かない時期が多くありました。
集団生活が苦手で、みんなと同じスピードで物事を行うことが特に難しかったです。その時期に、小学校2年生からやっていたダンスの世界大会に出るためのプロジェクトがあって、練習で毎日別の街まで2時間かけて通っていました。練習が多かったため、学校を辞めてダンスを頑張ろうと思ったのが、第一学院に編入した一番大きなきっかけです。
学校には週1で行くことも難しかったのですが、地元の通信制高校は、週1、2回でも通わなくてはいけなかったので、普段は通わず自宅で自分のペースで学習できる学校を探していました。
第一学院には、インターネットで高校を探していた時に、出会いました。決めた理由として、第一学院のwebサイトを見たときに、一人ひとりに合わせて通えるということが書いてあって、みんなと合わせられない自分が嫌で、普通になれなくて駄目だと思っていた時だったので、ここなら通えるかもしれないと直感的に思いました。また、普段はキャンパスに通わずに自宅など自由な場所で学習できることからMobile HighSchool(通信コース)を選びました。

普段の勉強以外の時間は、アルバイトや資格の勉強をしています。時間も自由に使えるので、やりたいことに次々と挑戦することが出来る環境です!

普段の勉強は、夜アルバイトから帰ってきてからやアルバイトの休憩時間に行っています。一つひとつのレポートは短いので、15分休憩の間でも一つ終わらせることができます。学校以外の時間は、ダンスの他にアルバイトを3つ掛け持ちしています。ネットカフェの受付や飲食店の接客、ダンスを教えたりしています。
最近、児童カウンセラーの資格を取りました。私は今、ダンスのインストラクターとして幼稚園児から小学生~高校生、さらにはおじいちゃんやおばあちゃんといった全ての年代の方を教えています。生徒さんともう少しうまくコミュニケーションを取りたいと思って勉強を自主的に始めたので、課題という感じでなく、とても楽しく勉強することができました。自分で自由に時間を組み立てられる分、いろいろなことに挑戦したり、やりたいことがたくさん出来てきてとても楽しいです。写真を撮るのが好きなので、カメラの勉強もしてみたいと思っています。

第一学院は、みんなが対等に関わることが出来る場所!スクーリングを通して人に興味を持つようになって、友達や先生と色んな話をすることが楽しいです。

年に1回のスクーリングでは、スクールカーストや偏見など特になく、みんなが個々を尊重して対等に関わることができたので、とても過ごしやすかったです。夢を追っている子や、色々な背景の子たちが集まっているのでとても刺激になったし、人に興味を持つようになりました。今までは、周りをシャットアウトして独りの世界だったのですが、第一学院で知り合った子と二人で遊びに行くこともたくさんありますし、ダンス内でも、友達や仲間がいっぱいできました。第一学院の友達は全国にいるので、会おうと思ってもすぐ会える距離ではないからこその程よい距離感で意思疎通できる仲間と出会えたと感じています。スクーリングを通して、コミュニケーション力を培ったし、成長したなと感じています。
第一学院の先生のことはとても好きです!今まで学校の先生には、ちゃんとしろとか、みんなで一緒にやれとか、病院に行けとかそのようなことばかり言われてきたので、肯定とか否定とかではなく普通に話を聞いてくれる先生がいるんだなと思って、それがすごくうれしかったです。友達や家族だと近すぎるし、でもあまり信頼していない人に話せないと思っていて。だから悩みなど話せる人は今までいなかったのですが、ちょっとした悩みやしんどいときに話せる先生だと感じています。

将来は、表現することに携わっていきたい。今あるご縁を大事に、色んな経験や勉強をしていきたいと考えています。

進路については、今悩んでいるところです。
ダンスをずっとやってきたのですが、逆にダンス以外やってこなかったので、ダンス以外もやってみたいと思っています。表現するのは好きだから、舞台にも興味があります。また、現在フリーペーパーのちょっとしたモデルをやっているので、モデルの仕事にも興味があります。
いろいろな人との出会いがあるので、ダンスにこだわらなくても何か表現することを将来続けていきたいと考えています。やりたいことはたくさんあるので、正直まだ絞れていません(笑)
勉強は分かれば楽しい。だからもう一回ちゃんと勉強したいという気持ちもあり、いつ何をやるべきなのか、悩んでいます。でも一番は、今あるお仕事とか、今あるご縁を大事にしてやっていくのが一番できることなのかなと思ってもいます。

みなさんへのメッセージ

どの世界でも、イメージや偏見は絶対あるんですよね。ですが、味方になってくれる人もどの世界にもいるなととても感じています。第一学院は、そのことををすごく教えてくれたと思います。
学校も先生も、正直ものすごく嫌いでしたが、第一学院に入ってから大嫌いな学校でも絶対に味方はいるなと思ったし、思ったよりも怖くないなと思いました。辛いことはもちろんあるけれど、思ったより、外に出たら怖くないと思います。ここにいなきゃいけない、みたいなのがないから、居場所を見つようとしなくても、取りあえず入ってみてもいいんじゃないかなと思います。
居場所が人それぞれ違うとは思うし、自分の人生の糧になる人と出会える場所もそれぞれ違うと思うけれど、私は第一学院に来て良かったと思います。住んでいる場所も違う、仕事も違う、他で絶対関われないような人と関われるってとてもすごいことで、大事なことだと感じています。悩んでいたら、そんなに自分に合った場所を探さなきゃと思いすぎなくても、入ってみた場所で出会えることもあると思います。

インタビュー日時:2019年12月