ピックアップニュース

レポート

生徒によるアクティブウェアプロジェクトが発足しました!

第一学院高校では、未来社会で活躍できる人づくりのため、第一学院独自のプロジェクト型学習(PBL:Project Based Learning)を日々の学習の中で取り入れています。

プロジェクト型学習(PBL:Project Based Learning)とは、課題解決型学習とも呼ばれる学習方法であり、課題の解決を模索していく中で、「自ら考え解決する力」「協働で問題を解決する心」を養っていきます。

 

この度、第一学院高校での独自のプロジェクト型学習(PBL:Project Based Learning)の一環として、アクティブウェアプロジェクトが発足しました。

自ら手を挙げた生徒たちが、第一学院らしく、また全国の仲間が一つになれるオリジナルウェアについて、企画からプロモーション・販売の流れなどビジネスのプロセスを学びながら話し合いを重ねました。デザインを考えるにあたっては、スポーツブランド「PENALTY」の代理店である株式会社ウィンスポーツ様からデザインスタッフの方にもご協力いただき、制作を進めております。

決定したアクティブウェアは、後日下記のサイト内で公開いたします。

 

>>プロジェクトの様子はこちらから

 

今後は、全国の第一学院の仲間に知ってもらうような取り組みや、購入方法についても生徒たち自身が考えていきます。

プロジェクトメンバーの集合写真です。
自ら考えたアクティブウェアについてみんなへプレゼンテーションを行いました。
デザインについて真剣に話し合います。
最後は、第一学院の理事たちデザインしたへアクティブウェアについてプレゼンテーションをしました。