キャンパスを探す

高萩本校ブログ

第16回本校スクーリング_3日目

スクーリング3日目を迎えました。

スクーリングでは特別活動の時間で、「プロフェッショナル仕事の流儀」のDVDを観賞し、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して仕事の奥深さ、醍醐味を感じてもらいます。様々なジャンルの第一線で活躍するプロたちの仕事を掘り下げてみせる内容となっており、誰もが認めるプロフェッショナルたちは、どのように発想し、切り拓き、成功したのかを学びます。

本日の授業では、狂言師の野村萬斎さんについての内容です。
なぜ、自分は狂言師として生きていかなければならないのか?生涯を狂言師として生きていく事の葛藤と、「表現することで人に幸せを」への自分でしかできないチャレンジなど、普段見れない仕事の裏側を見ることで、自身の将来について深く考え抜いてもらいたいと思います。

午後の授業で、将来設計指導として五浦美術館へ校外学習へ行きました。

作品を鑑賞するのが目的ではなく、学芸員という仕事にフォーカスをあてています。今日展示されてる作品は、企画から2年間程もかけてお客様の目と心を楽しませてくれています。資料の収集や保管、調査研究など、学芸員さんの地道な仕事に対する熱意を感じる事が出来ました。

このように、スクーリングでの学習には様々な仕事の在り方を学び、将来に向けて、自身が今何をすべきかを深く考え抜いてもらいたいという願いがつまっています。

スクーリングでしか経験できない大切な学びの時間を大事に過ごしましょう!

特別活動にてDVD鑑賞中
校外学習を行う美術館