チームで活躍することで、たくさんの恩返しをしていきたい。

第一学院高校 サッカー部の一員として、全国高校サッカー選手権 全国大会への初出場を果たした佐藤くん。 現在、藤枝MYFC(サッカーJ3)の選手として活躍しています。

兄の影響で、3歳の頃からサッカーを始めました。第一学院と出会ったのは中学3年生のとき。中学のサッカー部のコーチの紹介で、第一学院の練習に参加したのがきっかけです。 当時の3年生たちが選手権の茨城県大会で準優勝し、悔し涙を流している姿も実際に見ました。俺は絶対全国大会に行って、全国優勝する。そう強く決意し、入学しました。

最高の仲間と勝ち取った、全国大会出場。でも、今でも悔しさがよみがえります。

第一学院のサッカー部は、基本的に寮生活です。午前中からお昼にかけてサッカーの練習、そして夕方から夜にかけて勉強。寮生活は不安だったけれど、 監督や先生がいつも気にかけてくれていたし、友だちはいつも近くにいるし、思い返しても楽しい思い出ばっかりです。 頑張ったかいあって、3年生のときの高校サッカー選手権 茨城県大会で初優勝し、全国大会への切符を手に入れました。周りは盛り上がっていたけれど、自分たちは意外と冷静というか、決まってからが大変でした。 全国が目標じゃなかったから、ここからが勝負だぞって。 全国大会では1回戦で負けてしまって、今でも悔しさがよみがえります。ゴールキーパーは最後の砦なので、守りきれなかった自分が悔しくて、チームメイトには今でも申し訳なく思っています。

プロへの道は険しく、一度は大学に進学。しかしチャンスが!

高校卒業後はプロになりたかったけれど、やっぱり厳しい世界でした。当時の監督に「一度大学に行ってプロを目指すのも遅くない」とアドバイスをもらって、大学に行こうと決心しました。 今のチームに誘ってもらったことは、本当に感謝しています。だから今度は自分がチームの力になりたい。今は試合にあまり出場できておらず未熟ですが、もっと自分と向き合って、努力して、試合に出ることでチームの力になっていきたいと思っています。

必ずチャンスは転がっている。そのチャンスを逃さないようにしてほしい。

ずっと「サッカー選手になる」という夢に向かって突っ走ってきました。実は、小さいころも高校生のときも最初は一番ビリで、試合に出れず耐える時期もありました。でも、いつもどこかにチャンスが転がっていて、その与えられたチャンスに対して自分がどう関わって、上にあがっていけるかだと思います。 僕には、チャンスを与えてくれた人たちが周りにたくさんいます。だからサッカーで活躍することで、与えてくれた以上にたくさんの恩返しをしてきたいと思っています。

さぁ、自分らしいミライを見つけよう

電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら 発信地域の最寄りの本校・キャンパスにつながります

0120-761-080