沿革

第一学院グループの歩み

昭和60年

日本初の本格的な大検専門予備校「第一高等学院」 を創設

大検(今の高卒認定試験)合格から大学受験まで一貫した指導を行い、現在は「第一学院高認予備校」として高卒認定試験合格に向けたサポートを実践。

平成10年

第一高等学院に高校コースを開講

通信制高校の生徒を支援し、「高校卒業資格が欲しい」「こんな学校あったらいいな」という生徒・保護者の想いを形にした学校でもあり、独自のノウハウを確立。

平成14年

高校コースの全国展開

「確実な高校卒業」+「希望進路実現」を同時に実現した高校コースを全国に展開。

平成17年

ウィザス高等学校を開校

第一高等学院のこれまでの教育活動の実績が認められ、構造改革特別区域法を活用して、茨城県高萩市に広域通信・単位制高校「ウィザス高等学校」を開校。

平成18年

専攻科開講(介護福祉士専攻・保育士専攻)

生徒の希望進路の実現をよりサポートするため、高校卒業後の進路先の一つである専攻科(介護福祉士専攻・保育士専攻)を開講。

平成19年

普通科から総合学科へ学則変更

たくさんの生徒の多様な学びに対応できるよう、普通科から総合学科へ学則を変更。

スポーツコース(サッカー部)開講

学習時間とトレーニング時間をフレキシブルに確保できる、通信制高校の特色を生かしたスポーツコース(サッカー部)を開講。

全国・茨城県高等学校体育連盟加盟

全国高等学校体育連盟・茨城県高等学校体育連盟に加盟。スポーツコースの生徒の競技力向上はもちろん、人間的な成長もサポート。

平成20年

ウィザス ナビ高等学校を開校

ウィザス高等学校の姉妹校として、兵庫県養父市にウィザスグループの2校目となる広域通信・単位制高校「ウィザス ナビ高等学校」を開校。

平成24年

第一学院高等学校へ校名変更

教育理念「1/1の教育」と「生徒第一」の想いを「第一学院」という名称に込め、「ウィザス高等学校」「ウィザス ナビ高等学校」から「第一学院高等学校(高萩本校・養父本校)」と名称を変更。

平成26年

第93回 全国高等学校サッカー選手権大会 全国大会出場

スポーツコース(サッカー部)創部8年目にして初の全国大会出場を達成。

平成27年

タブレット端末を活用したICT教育を本格的に導入

生徒全員にタブレット端末を無償貸与し、ICT教育を推進。文字だけではなく映像や音声を積極的に活用し、より分かりやすく、より楽しい学習環境を提供。

このページの先頭へ